•  

    アイボリーの樹脂デッキと木製ガーデンルーム(サンルーム)の外構工事 小諸市

    小諸市 白い樹脂デッキの外構

    小諸市 白い樹脂デッキの外構

    施工ビフォー

    着工前です。贅沢な木製のガーデンルームです。なかなかステキなデザインですが、長い間メンテナンスを怠った為に塗装が剥がれ、シロアリに侵食されています。右側に見えるウッドデッキも腐食が激しく取り壊しが必要でした。

    施工アフター
    施工後
    完成いたしました。白系の樹脂デッキは非常に珍しく、当社でもめったに施工しません。しかし、このような白系のガーデンルームにはとても似合います。
    シロアリに侵食された木製ガーデンルーム

    シロアリに侵食された木製ガーデンルーム

    ガーデンルームのリフォーム

    ガーデンルームのリフォーム

  •  

    小諸市・N様邸 他社施工の手直し工事をしました。

    小諸市・N様邸 既に外構工事は施工済で、建物の裏側擁壁の見積にお伺いした所、駐車場の入り口の段差にビックリ! 10㎝はある段差に毎日の車の出入りにストレスが溜まっていたとの事でしたので、擁壁工事よりも駐車場の改修工事を先に行う事になりました。 他社さんには、段差の話はあまり触れずに工事が進んで完成したら段差はそのままだったそうです。 あまりに耐えられず、ご自分で市役所へ行き手続きをされていましたが、駐車場の全体を切り下げる事は難しいと言われてしまいました。 N様邸の駐車場に隣接している縁石(擁壁)を切り下げるので公共の道路区域を工事することになる為、市役所に自営工事の申請を提出して承認を受ける必要があります。 市役所に提出する書類は、計画図・位置図・現状図・構造図・施工前・竣工写真など提出する書類がたくさんあり、一般の方が図面を書いて提出する事はかなり難しく、 公共工事で手慣れている当社としては、横の繋がりもありN様が相談された以上の寸法で承認をいただき、自営工事を行うことができます。
    小諸市・N様邸
    他社さんで外構工は完成していました。
    駐車場の出入り段差にビックリ
    毎日、パンクしそうなこの段差を出入りする事でストレスが溜まってしまったそうです。
    小諸市役所へ自営工事の承諾をいただき、
    駐車場と来客用駐車場の縁石切り下げ工事を
    行うことができました。
    N様には、毎日のストレスが解消されて
    とても感謝されました。
    既に駐車場の土間コンクリートが仕上がっている為、
    現状の縁石を切り下げるだけでは、
    段差は解消できないので、駐車場側の土間コンクリートを一部カットして
    土間コンを打ち直しを提案。

    カットした土間コンの傾斜を道路に合わせて
    打ち直し、少し傾斜がキツクなったので、
    当社オリジナルのスタンプ(色なし)で
    滑り止めの施工しました。
    既存建物の南側に変形樹脂デッキを施工
    N様が上記の自営工事でかけられた予算で樹脂デッキができたのでは
    外構工事は一度施工してしまうと、壊してやり直しをする事は、とても難しく
    安く施工しても結果的に使い勝手が悪いものができてしまうと予定外のお金もかかってしまいます。



  •  

    木製輸入ガレージ フィッシャーマンズガレージ 小諸市で建築中!

    小諸市で建築中の輸入木製ガレージ、フィッシャーマンズガレージです。昨日から木工事にとりかかり、本日は屋根の下地まで施工予定です。
    昨日は雨に祟られ、半日しか仕事できませんでしたが、今日は快晴。作業も捗ります。
  •  

    木製輸入車庫 基礎工事が完了 小諸市 フィッシャーマンズガレージ

    小諸市で建設中のフィッシャーマンズガレージ。基礎工事が完了しました。
    2台用のガレージ。どんなクルマが納まるのでしょうか。楽しみです。
    来週から本体の組立工事に入ります。
  •  

    住宅と完璧にマッチした2台用木製輸入ガレージ

    小諸市で完成いたしました。住宅の外壁に合わせた淡いピンクのサイディングがステキな木製輸入ガレージです。
    ガレージの中には4WDとスポーツカー。究極の組み合わせです。車高の低いFD(RX-7)のリップが接地しないように何度も床の高さを検討いたしました。
  •  

    オフシーズンですが、樹脂デッキの施工 小諸市

    当社は12月から3月の間は気候が悪いので公共工事を行っています。しかーし!今シーズンは受注の予約がたて込んでいて、すでに5月末までぎっしりになってしまいました。そんなわけで、寒くても施工可能な部分は前倒しで着手するようにいたしました。本日は全体的な外構工事の中からウッドデッキ(樹脂デッキ)を組み立てました。この後、整地を行い、駐車スペースなどの造成を行います。LIXILの樹ら楽ステージを選択していますが、外壁のレンガとよく調和していると思います。暖かくなれば、家族のふれあいのメインステージになることでしょう。
  •  

    宅地の高低差を見事に解決した庭、外構 小諸市

    小諸市で施工させていただいた新築外構工事です。建物付近と前面道路では70㎝くらい高低差があります。これは何とかしないと。。。。
    完成いたしました。カーポートはリクシル フーゴRワイドの2台用を選択いたしました。左側はガーデンスペース。70㎝程の段差をエスビックのABロックという土留めに使えるブロックを使用してステージ状のガーデンに仕上げました。
    この後、フェンス、植栽を施します。
    前面道路から玄関まで、1メートル近い高低差があります。アプローチをスロープにすると、急すぎて危険です。そこで化粧ブロックを使用した階段を設置しました。できればすべてバリアフリーにしたいのですが、若いご夫婦でしたので、今回は階段にしました。
    カーポートと庭園部の段差はエスビックのABロックという土留め用ブロックで解決いたしました。車の出入りを考慮して、土留めコーナー部を曲線で処理しています。カーポート後部もデザインを考慮してR形状です。高度な技術を必要とする施工ですが、美しく仕上がりました。
  •  

    システムキッチンのリフォーム 小諸市

    いよいよ着工。
    長い間働いてくれたシステムキッチンです。
    まずは水道やガス配管の切り離しです。
    古いシステムキッチンを取外し、外した部分の下地補修が完了しました。水回りや電気の配管を行い、内装の仕上げを行います。
  •  

    シンプルで洗練されたカントリーハウスのスタンプコンクリート 小諸市

    濃いグリーンのサイディングにブラウンのスタンプコンクリートがマッチします。
    小諸市で施工された新築住宅の外構工事。
    シンプルで洗練された佇まいがステキですね。
    アプローチはあえてシンプルに土間コンクリート。駐車スペースをデザイナーズペイヴ(スタンプコンクリート)で仕上げました。
  •  

    もうすぐ完成 森の中のガーデンハウス 小諸市

    小諸市の森の中に建設中のガーデンハウス。外装も完了し、足場が外れました。
    フィッシャーマンズガレージは元々住宅用のツーバイフォー工法で造られていますので、
    このように小住宅に仕上げることもできます。
    アーリーアメリカン調の配色が周りの風景にマッチしています。4.5*5.7メートルのサイズで
    広いロフトも設置しました。
    本日は最後の追い込み、下水道と給水管の工事を行っています。
    もうすぐ完成します。

  •  

    カッコイイ!バイクガレージが完成しました!! 小諸市

    小諸市で完成したバイクガレージです。
    カスタマイズ可能な木製ガレージ、フィッシャーマンズガレージならではのバイクバージョンです。
    もちろん電動シャッターも完備!
    間口6m、奥行3mありますので、何台か保管して、内部でのメンテナンスも可能。
    さて、どんなバイクを収めるのでしょうか。たのしみです!
    内部はこんな感じになっています。
    早くもお客様の手でカスタマイズが始まり、棚が設置されました。
    バイクのメインテナンスツール、アウトドアグッズ、沢山収納できます。
    ピカピカのKAWASAKI KZ1000に思わず見とれました。
  •  

    プライベート ドッグラン完備! スタンプコンクリートでご夫婦と愛犬の為の外構リフォーム 小諸市S様邸

    最初にご相談いただいたのが2年前。完成まで長い時間がかかりましたが、ステキに生まれ変わりました。
    ご夫婦と愛犬が心からプライベートにリラックスできる空間のリフォームを行いました。 外構のリフォームと建物のリフォームを同時に行いました。
    駐車場はメインガーデンと仕切られています。アプローチに繋がる部分は家の顔。 来客用駐車場も兼ねる部分です。枕木仕上げのデザイナーズペイヴ(スタンプコンクリート)で仕上げました。 奥は通常の土間コンクリートとしています。
    お庭の顔、アプローチ。外側はウッドプランクという枕木風のスタンプコンクリートで、内側はアシュラスレート。 外と中で雰囲気を変えることでメリハリをつけています。 ポスト、表札を設置した門柱はレンガとコブルストーン、漆喰調のデザイナーズウォールです。北欧に多い、白基調で清楚なイメージといたしました。
    メインガーデンです。愛犬と心ゆくまで触れ合うためのお庭。「姫(愛犬)のトレーニングフィールド」と命名されました
    ともすれば無機質に感じがちなコンクリートですが、芝生を設置することで、安らぎの空間を確保しています。
    門柱裏側のフラワーポット(花壇)です。濃いブラウンのレンガを使ってシックな仕上げとしました。
    もう一か所のフラワーポットはミカゲ石を使用しています。禮シーズン、お花が咲いた頃お邪魔するのが楽しみです。