•  

    佐久市・T様邸 高級感あふれる自然石のアプローチ外構

    佐久市・T様邸 新築外構工事
    色鮮やかで高級感あふれる自然石のアプローチ外構
    自然石のアプローチがひときわ目を引く、天然ならではの高級感を演出
    T様邸の敷地は建物の前と後ろが道路なので、敷地内の切り返しが不要。
    通常必要なUターンスペースを確保する必要が無いので後ろから入って前から出れる理想的な駐車配置になっています。
    2台用のカーポートは敷地ギリギリだったので、間口カットで対応
    道路境界には化粧ブロック3段積と鋳物フェンスでさらに自然石との相性の良いコンビネーションに仕上げてあります。
    アプローチの自然石は

    SBIC:アースクォーツ 乱形 ラスティックイエロー
    乱張りは、職人の技術によって見栄えが変わります。
    目地の通し方や目地幅、同じ大きさの石が並ばないようになど、見る人が見れば一目瞭然で判断できます。

    佐久市・T様邸 完成イメージ図

  •  

    ナイトイルミネーションがステキなエクステリア工事 佐久市

    佐久市で施工した新築外構工事です。住宅への長いアプローチは土留めを兼ねたウォールにフットライトを埋め込んでいます。入り口付近のセンサーで、自動的に点灯する仕組みになっています。防犯上の効果もありますし、昼間だけではなく、夜間も楽しめるエクステリアとなりました。床はシンプルにコンクリートで仕上げていますが、広さを感じる仕様です。カーポートは三大用のリクシル ウィンスリーポートの耐雪仕様、フェンスはエスビックの化粧ブロックの上にリクシルのフェンスABを組み合わせています。門柱はレンガと弾性塗材を組み合わせ、内部にLEDの照明を埋め込んでいます。

     

  •  

    外構工事 大面積コンクリート打設 佐久市

    本日の最高気温は21度、五月連休くらいの暖かさ、絶好のコンクリート打設日和となりました。去年から手掛けている佐久市のエクステリア工事ですが、本日はいよいよ土間コンクリートになりました。大面積を短時間でコンクリート打設するためには人力で運搬していると間に合わないので、コンクリートポンプを使用します。住宅手前の車路を兼ねたアプローチは通常より幅広く設置する予定です。
    そして仕上げは時間との戦いなので、専門の土間仕上げの職人を投入します。コンクリートを打設すると、やがて水分が分離します。その具合を見ながら何度も鏝で仕上げます。職人の経験と技の見せどころです。
    規定の養生日数の後、強度を確認して型枠を外し、埋戻しを行います。コンクリートはどうしてもヒビが入ってしまいますが、最低限に抑えるために型枠の設置場所も工夫しています。
    画像はカーポート、アプローチ部分の仕上げを行っている様子です。コンクリートの中に足が沈み込まないようにカンジキを履いて作業しています。
  •  

    佐久穂町・I様邸 シンプル外構にアクセント枕木で奥行を演出

    佐久穂町・I様邸 外構工事
    敷地が広く3台用のカーポートと土間コンクリートにスリット(化粧砂利)でアクセント!
    枕木を玄関前・中間・道路側に3ヶ所に設置して奥行き感を出してみました。
    建物の外周はビリ砂利敷きで草が生えないように施工。
    建物裏は擁壁の段差がある為、メッシュフェンスで転落防止
    物置を玄関側とカーポート側に2ヶ所、玄関横の赤いポストがオシャレでかわいい印象を与えています。
    イメージCAD
    LIXIL デザイナーズパーツ 枕木材
    玄関ドアと同じマテリアルカラーで揃えてた枕木材で広いエリアのワンポイント
    サイズを変え、さりげなく空間の仕切りを取りました。

  •  

    和風庭園 店舗併用の駐車場 舗装 外構工事 佐久市

    北米生まれのスタンプコンクリートといえば、洋風の仕上げが想像されますが、和風のエクステリアにもマッチいたします。店舗併用住宅の駐車場をスタンプコンクリートで仕上げました。グレイの乱貼り調のパターンはどこか鉄平石を連想する仕上がりになりました。松などの和風の植栽にも良くマッチしています。
    アスファルト舗装や普通の土間コンクリートでも用は足りますが、駐車場部分をスタンプコンクリートで舗装することで、見栄えのする庭の一部になりました。
  •  

    プライバシーを考慮した外構 LIXIL セレビューフェンスと カーポート フーゴF 佐久市

    LIXILのセレビューRP3フェンスとフーゴFのカーポートのエクステリア工事です。
    広いお庭は通りに面していて、使い勝手は良いのですが、外からまる見えで、カーテンも開けられない状態でした。
    カーポートの設置と共に目隠しを兼ねたフェンスを設置いたしました。
    LIXILのセレビューRP3フェンスとフーゴFのカーポートの外構工事です。
    広いお庭は通りに面していて、使い勝手は良いのですが、外からまる見えで、カーテンも開けられない状態でした。
    カーポートの設置と共に目隠しを兼ねたフェンスを設置いたしました。
    支柱を標準より長いものとして、下部は隙間を広げています。
    気になる部分を効果的に隠せるので、人工芝を敷設した庭で気兼ねなく過ごせます。
  •  

    斬新な木目のスタンプコンクリート アプローチ 佐久市のトータル外構

    佐久市で施工したエクステリアです。ビックリしませんか?これがコンクリートでできているなんて!木目のパターンを使用してアプローチを作成しました。
    自転車置き場のついたヨドの物置です。物置と自転車置き場を単体で設置するより、スペース効率に優れます。
    カーポートはLIXILのソルディポート。2台用で50㎝までの雪にも耐えられます。
  •  

    新しいスタンプマットを導入しました 佐久市 安土倍組 デザイナーズガーデン

    新しいスタンプマットを輸入いたしました。今回からProline社の製品に変更です。
    "Granite Tile"というパターンで10cm角の痛んだタイルの風合いを再現できます。
    アプローチ工事だと白の仕上げでミカゲ石のピンコロ石を並べたような感じになります。
    アメリカ製のツールですが、当社は国内の販売店を通さず、自社で輸入することによりコストを削減し、
    リーズナブルな価格で工事を提案することができます。
    早速当社のショップに施工いたします。後日様子をレポートしますのでお楽しみに。
  •  

    アンディ邸外構工事 佐久市 ドッグラン工事

    ジャックラッセルテリアのアンディさん宅外構工事です(笑)
    土の部分をぬからないように、土間コンクリートに仕上げます。
    フェンスを設置し、直射日光が当たらないように屋根を設置します。フェンスはLIXILのグリッドフェンス。ペット向けに使うので、ドアは内開きにしています。住宅は前の入居者(川上犬)から譲り受けた中古住宅です。今日は使い勝手をテストをしてます。結構気に入ったみたいです。
  •  

    きれいな曲線のアプローチが印象的なエクステリア 御代田町

    御代田町にて完成した新築外構工事です。
    住宅本体はウィッシュホームさんの施工で白いレンガ仕上げで、車好きなら必ず憧れるビルトインガレージ付き!うらやましいです!玄関に美しいカーブを描いて導くアプローチは、最近人気急上昇中のウッドプランク(木目)のスタンプコンクリートです。木目といえば濃い茶色をイメージしがちですが、風雨に晒され、年月を経た枕木をイメージして、ホワイトベースで仕上げています。
    マットブラックの門柱は一本だけ住宅のドアと同じ赤で仕上げています。他店では真似のできないオリジナルの門柱です。
    アプローチ部分のスタンプコンクリートです。年月を経た木目の質感が良く表現されています。
    ガレージにつながる部分とカーポートの下はスタンプコンクリート ベーシックで仕上げています。シンプルな色調ですが、欄貼り調の模様が追加されることにより、オリジナリティあふれる表情になりました。
    外部の駐車スペースはLIXILのソルディポートを設置しました。シンプルな曲線形状のカーポートは住宅のイメージを壊すことなく調和しています。食彩はコニファがエメラルド、シンボルツリーはシャラの株立ちを採用いただきました。このほかに貼り芝工、ドウダンツツジの密植を行っています。
  •  

    他社施工の手直し工事 スタンプコンクリート 佐久市

    他社様にて施工したスタンプコンクリートのアプローチ工事。施工不良で発生した部分を当社の技術で見事にリカバリー!最初に施工した時以上にきれいになったと喜んでいただけました。
    今回の物件は他社による施工時、気温が高くコンクリートの硬化するのに作業が追い付かなかったようです。これが粗雑な仕上げになってしまった原因です。また、凍結に弱い材料を使用したり施工後の気温変動による材料収縮などが予見できなかったので、凍結による爆裂破壊やヒビが発生しています。
    スタンプコンクリートの施工は高度な技術と経験が必要です。材料やデザインの選定、工事当日の天候によっても作業方法や使用する材料の配合のアジャストを行います。当社は県内においてナンバーワンの施工量と経験があり、いろいろな状況に応じて施工を行う事ができます。もちろん核心となる技術を使用した工事は全て直営の技術者によって施工されます。
    アスファルト舗装やインターロッキングブロック舗装だと、経年劣化後のリフォームは不可能ですが、デザイナーズペイヴ(スタンプコンクリート)はカラーチェンジなどのリフォームが可能です。他社様施工で上手くいかなかった工事もお気軽にご相談下さい。
    補修前。スタンプコンクリートのアプローチの他にも、花壇の縁石がボロボロです。また、コニファが枯れてしまったので、移植が必要でした。
    一目瞭然の仕上りです。超高圧洗浄で汚れや黒ずみを落とし、再度仕上げを行いました。
    補修前。コンクリート打設時に、スタンプの仕上げが間に合わず、模様がつかなかった部分を雑に補修しています。右下の部分ですが、細い線を後で追加しています。元々、材料のカラーの選択が悪く、当初はブラウンだったはずが白っぽく変色しています。
    当社の別現場の施工例です。石の一つ一つの模様がリアルに表現されています。また、着色に使っている材料も長期間退色しない製品を選択しています。
    典型的な材料の選定ミス。
    吸水性の高いレンガを花壇のボーダーに使用したところ、水分を吸収して凍結することにより爆裂破壊を起こしてしまいました。寒冷地では水分の吸収しない材料を選定するべきです。
  •  

    佐久市 トータル外構の施工

    佐久市のトータル外構、本日はカーポート(LIXIL ウィンスリーポート)の構造材の設置と土間コンクリートの型枠施工です。
    こちら側は人工芝を敷設するスペースになります。下地の路盤工が完了しました。