•  

    建物裏を有効利用

    小諸市・T様邸 テラス工事
    一昨年にLIXILガーデンルーム(ジーマ)を施工していただき、
    昨年はLIXIL樹脂デッキ(樹ら楽ステージ)を施工
    今年のご要望としましては北側の壁全面にテラスを設置したいとの事でした。
    北側にテラスを設ける事で雨が降っても濡れることなく
    勝手口を利用でき、自転車置き場や物置にも利用できます。
    LIXIL スピーネテラスは桁移動タイプにする事で、柱を落としたい部分に障害があった場合など
    前後左右に柱を移動する事が出来るので配管などが多い北側には最適
    さらに冬になると既存建物の屋根から雪が落ちてくるので積雪タイプ耐積雪強度50㎝)は必須条件です。

  •  

    雨の心配もこれで解決

    佐久市・T様邸
    既存デッキ上にLIXIL スピーネテラスを設置
    今までのテラスに比べ、施工士さんの「困りごと」を踏まえて部品の形状、部品の数など
    改良を加え、施工性を大幅に向上させました。
    施工時の危険→安全性大幅UP=全スパン下止め施工
    部品が煩雑で非効率→現場での組立簡単=自在桁構造のシンプル化で施工性大幅UP
    現場での間口詰めが手間→現場での加工を減少=現場での切り欠き加工の手間を省きました。
    物干しの高さお客様の使いやすい高さに調整しますので、必ずお客様に確認していただいてます。
    扉・ステップも取付て、もう少しで完成です。
  •  

    洗濯物を雨の日でも干せる!

    佐久市・T様邸
    昨年、LIXIL 樹ら楽ステージ(変形)を施工
    洗濯物を母屋のサッシから直接デッキに出て干す事ができるようになったのですが、
    屋根が無いので、雨が降ると洗濯物が濡れてしまい
    せっかくデッキがあるのに雨が心配で外出もままならない状態。
    テラス(下屋)の提案
    既存デッキの上に
    LIXIL 新商品 スピーネテラス(2間×6)を設置予定。
    桁を移動できるタイプなので、
    屋根の出幅をできるだけ確保しつつ、テラスの柱を
    スッキリとデッキの上に移動。
    さらにデッキから外へ出られる様に既存のフェンスを撤去し
    フェンスと同じ型の扉を取付、ステップから外へ出られる様にします。
    テラスがあれば、洗濯物を屋外に干したままでも外出できます。