•  

    39プレミアム商品券 当社のエクステリア工事に使えます

    39プレミアム商品券

    佐久市プレミアム付商品券


    佐久市発行の39プレミアム商品券の申し込みが始まりました。当社も取扱店の登録がございますので、エクステリア工事やグッズの購入に利用できます。
    コロナウィルスの蔓延などでプライベートタイムの時間の使い方も変化が起きました。旅行や外出を控えて、自宅で家族との触れ合いを大切にする方が増えています。
    ガーデニングやDIYなどもおススメですが、私たちはガーデンルームを自宅の中で第三の空間として活用を提案しています。
    第一は住宅内、第二はお庭。第三のガーデンルームは四季を通じて楽しめる空間です。
    春、夏、秋は窓の開け方を工夫してくつろぎのスペースや自宅BBQのベースとして。冬は窓を閉めて、リビングルームの延長として。
    LIXIL ガーデンルーム ZIMA

    LIXIL ガーデンルーム ZIMA


    「ガーデンルームは欲しいけれど、高くてなかなか決断できない」と思っている方も多いかと思います。プレミアム商品券を使用すれば、今なら実質30%オフでガーデンルームを設置できます。
    この機会に外構工事のご検討をおススメします。

  •  

    最大で18万円分プレゼント!リクシルのガーデンルームキャンペーン

    LIXILのガーデンルーム(サンルーム)をご検討されている方に朗報です。
    今年も春のキャンペーンが始まりましたが、抽選で10万円のギフトカードプレゼントに加えて、
    当店では8万円分のオプションをプレゼントいたします。合計で18万円!
    当選の確率も高いキャンペーンなので、この機会に是非ご検討ください。
  •  

    LIXIL ZIMAと樹脂製ウッドデッキのあるお庭 小諸市T様邸

    クリーンな化粧ブロックの塀からつながるステンシルコンクリートのアプローチ。 2段のステップのついたウッドデッキはその見た目の素晴らしさもさることながら、様々な使い方ができそうです。ベンチに様に座って寛いだり、花鉢を置いて楽しんでもステキでしょう。 奥にはLIXILの高級ガーデンルーム、zimaを採用頂きました。お出かけ時の洗濯干しとしても、休日のリラックススペースとしても活躍することでしょう。
    反対から眺めたところです。短く切断した枕木が、高いところから見るとユニークな模様になっています。 陽手入れされた植木の緑が美しいお庭です。
  •  

    純和風住宅のアプローチ 佐久市N様邸 スタンプコンクリート

    純和風の住宅のアプローチです。 元々飛び石のアプローチでしたが、安全に歩けるようにスタンプコンクリートでリフォームいたしました。素晴らしお庭にマッチするようにパターンはスレート風、カラーは明るいグレーといたしました。玄関の段差もなくしてバリアフリー化を実現しています。「まるで高級料亭のようなアプローチでびっくりした」とお施主様も大感激。喜んでいただけて何よりです。
    同時にサンルームも設置いたしました。(右上)
  •  

    エクステリアマイスター研修

    LIXIL エクステリアマイスターの研修に参加いたしました。

    本来は3日間の研修→試験というスケジュールですが、一応(笑)経験者なので事前に課題を提出し、審査合格ということで

    本日一日だけの研修となりました。

    主にガーデンルーム(サンルーム)の施工に関しての研修で、適切な設計施工のポイントを学習しました。

    最後に試験があったのですが、大丈夫だと思います。多分(笑)

  •  

    純和風住宅の敷石アプローチ(スタンプコンクリート)完成|佐久市

    純和風のアプローチ。デザイナーズぺイヴ(スタンプコンクリート)の施工です。スレート柄で色は明るいグレー。躓きやすい飛び石のアプローチをリフォーム。バリアフリー化も実現してお施主様に大変喜んでいただけました。 同時にサンルームの設置、側溝の整備なども行っています。
  •  

    LIXIL ココマⅡがやってきた! デザイナーズガーデン ショールーム|佐久市

    ガーデンルームの展示としてリクシル ココマⅡを設置しています。まだ完成していませんが、形になってきたのでご紹介いたします。ぜひ、私たちのショールームでご確認ください。
    今年になってモデルチェンジを行い、ココマⅡとなりました。通常の「サンルーム」とは違い、気密性などは追求していませんが、高いデザイン性が特徴です。 展示品はサイドのパネルを設置せず、あくまでも庭の延長スペースとしての提案を行っています。 ガーデニングのひと時、ここにテーブルを置いて寛いだり、わざわざ靴を脱いで家に上がってもらうことなく、気軽に来客と交流するスペースとしていかがでしょうか?