『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』
今日は、一冊の絵本をご紹介したいと思います。

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』

先日、書店に行ったときに、なぜか目に飛び込んできたのが最初の出会いです。
その時は、あまり気にせず、お店を後にしたのですが、その日の夜、いつも見ているTVの番組で、この本が紹介されていたのです。厳密に言うと、この本のモデルになった方が紹介されていたという方が正しいのかもしれませんが・・・
何となく、この本に縁を感じて、どうしても読んでみたくなり、
翌日、再び書店に向かいました。

『貧乏とは少ししか持っていないことではなく、
無限に欲があり
いくらあっても満足しないことです』

絵本の帯には、このメッセージがありました。

とても、心に響く一文だとは思いませんか?

いつも順位を気にしたり、優越を気にしたり・・・

恵まれた世の中に生まれ、恵まれた環境にいる私たちが本当に大切にしなくてはいけないものは、もっと別のものであり、考えていかなくてはいけないことは、もっと別なことであることを教えてくれるとても素晴らしい絵本だと思います。
私自身、とても考えさせられる一冊になりました。
あまり、絵本の内容に触れることは出来ませんが、ぜひ、日々頑張っている大人のみなさんに読んでもらいたいなぁ
そんな風に思います。

私は、大人になってから良く絵本を読みます。
子供の読み聞かせではなく、自分にです。
活字のたくさん並んでいる本よりも、ストレートにメッセージが
伝わり、心に響くことが多いからです。
また、短時間で読み切れるのも良いですね。

この絵本は、もちろん子供にも読んであげたいと思いますし、
大切なバイブルとしてそばに置いておきたいと思います。



資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
デザイナーズガーデン 日記カテゴリーの記事