HOME施工事例集アプローチ > 使い勝手とプライバシーを両立させたアプローチ、外構 佐久市

使い勝手とプライバシーを両立させたアプローチ、外構 佐久市

門柱 ウォール 開口部
佐久市で完成したお庭です。市街地中心部の住宅街なので、うるさくはないものの、人通りが多い場所です。
お客様からは一任で施工依頼いただきましたので、当社でデザインと使いやすさを追求した設計を行いました。
ワンポイントで門柱に窓を設置しました。珍しい季節外れのシクラメンを飾ってみました。
BEFORE
佐久市 着工前
着工前。玄関からの距離が短いので、工夫が必要です。敷地の奥まで見えてしまうのも問題だと思いました。
↓
AFTER
佐久市 エクステリア 完了
完成画像です。通常だと塀の開口部がある位置に入口を設置することが多いと思いましたが、それでは玄関までの動線が短く、つまらなく感じました。そこでU字型の動線とし、大胆に玄関裏側からアプローチを設計しました。この位置に出入り口を設置するメリットは、コンパクトなお庭でも門扉から玄関扉までの動線を長く取ることにより、奥行き感を表現できることです。また、動線は長くなっても、ポストは玄関扉付近からすぐにアクセスできるように工夫しています。自動車での出入りも、一旦道路に出ることなく玄関口までアクセス可能です。塀は弾性塗材仕上ですが、門柱は化粧ブロックを使用することにより変化を持たせています。また、入り口から住宅内部がまる見えにならないようにとの配慮もあります。塀に開口部を作ることで、完全にクローズの環境にならず、しかも画像のようにグリーンを飾って楽しむことができます。門柱裏側には手すりを配置しています。ポストと干渉しないように位置決めをしています。目立たない配慮ですが、これらが使い勝手に大きく影響します。

スタンプコンクリート 門柱 塀 完了 佐久市
プローチ正面です。定番のデザイナーズペイヴ(スタンプコンクリート) ランダムストーン柄にサンドストーンという茶系のカラーを選択しました。先端はR形状とし、今後、駐車スペースを舗装しても美しいRが映えるデザインにしました。門扉はちょっと贅沢をお許しいただき、LIXILのアルミ鋳物門扉、アプローチ ミオ ナチュラルタイプを設置しました。直線基調の門柱に対して曲線のデザインでバランスを取っています。ポストが配置された門柱部分はエスビックのスマートCというブロック、弾性塗材を使用した塀は四国化成の美ブロで仕上げています。
お問い合わせはこちら
関連の施工事例集を見る
PAGE TOP