HOMEスタッフブログ > 社長 堀籠茂文のブログ

社長 堀籠茂文のブログ

工場改築工事 佐久市

軽天下地
佐久市で行われている化粧品工場の改築工事です。
元々は自動車関係の工場でしたが、化粧品の製造工場に改築しています。
2棟が繋がっている構造で古い部分の工場は柱を残して全て作り直しです。

A工場土間コンクリート
A工場。屋根を貼り直して、現在は床部分の工事を行っています。
B工場軽天
B工場。天井を作っています。下地の骨組みが出来上がりました。
休憩室内装
休憩室。壁、床、畳などをリフォームしています。
トイレ改修前
トイレは衛生陶器や手洗い、ブース、全て外しました。

ビジネスフェアに出展しました

しんきんビジネスフェア2018
長野市、ビッグハットで開催された長野信用金庫主催ビジネスフェア2018に出展いたしました。
ビジネスマッチングの展示会なので、一般のお客様は少なかったのですが、
今年も多くの企業様から商談をいただきました。
当社オリジナルの商品や施工を中心に展示を行いました。モルタル造形、スタンプコンクリート、
輸入ガレージなど、当社オンリーワンの技術や商材を多くの来客に興味深くプレゼンテーションできました。
リクルート
ビジネスフェアのもう一つの目的は高校生のリクルーティング。
当社は佐久からの出展という事もあり、リクルートは積極的に行っていませんが、何人かの高校生が当社ブースを訪問くださいました。人材難の昨今、フレッシュな人材を発掘する機会としても活用できそうです。
しんきんビジネスフェア2018

工事現場安全パトロール 南佐久郡南相木村

工事現場安全パトロール
ゴールデンウィークを控えて現場が休みになるので安全パトロールを実施しました。
この工事は長野県佐久建設事務所から受注した災害復旧工事です。
ブロック積工
本日はコンクリートブロック積を行っています。小口止工の間をコンクリートブロックを積んで土留といたします。
幅が短くて高さがあるのですが、一日に積める段数が決まっているのでなかなか捗りません。

完成しました!カスタマイズ仕様の木製物置 鎌倉市

木製物置 目板張り
鎌倉市で設置したガーデンシェッド(木製物置)です。通常のバイナルサイディングに替えて杉板を縦遣いの目板張りにしています。カラーはオリーブ、約2m四方のサイズです。屋根もアスファルトシングルではなく、ガルバリウム鋼板の一文字葺きに変更いたしました。出入り口ドアも採光窓を設置して使い勝手を向上させています。このようにサイズはもちろん、屋根の形状、デザイン、材料などすべてをカスタマイズできるのが当社のガーデンシェッドです。お施主様が念入りに測量して下さったので納まりもばっちり!コンセントや照明などの支障にならず設置できました。

佳境になりましたLIXIL ソルディーポート、アプローチ、ブロック塀のエクステリア工事 佐久市

弾性塗材仕上げのブロック塀
佐久市A様邸の外構・エクステリア工事です。昨年末から着手して、暖かくなるのを待って再開いたしました。
基礎部分は昨年設置いたしましたが、4月になってブロック積やポスト設置を行いました。
ポストの周りのブロック積は曲線なので、半分のサイズのブロックを使って滑らかに仕上げます。
弾性塗材仕上げのブロック塀
凸凹になっているブロックですが、R形状に切断してから仕上げます。その後、目地が浮き出ないように下地処理を行い、ジョリパット(伸び縮みする樹脂系の塗料)を使って表面を仕上げます。
LIXILソルディーポート
良く知るのソルディーポートの設置状況です。この後、土間コンクリートを仕上げています。
リクシル グリッドフェンス
リクシルのグリッドフェンスの柱を設置しています。一つずつ高さや傾きを調整しながらモルタルで埋めて設置です。
土間コンクリート
土間コンクリートが完了しました。曲線の目地もきれいに仕上がっています。十分に乾燥させてから型枠を外し、埋戻しを行います。

こんなこともやってます サッシの入替 リフォーム

BEFORE
シロアリに食べられた建具
先日、強風でガラスが割れてしまい修理した建具です。よく見ると下の方がシロアリに食べられてしまってスカスカです。(ズームで拡大できます)
↓
AFTER
断熱サッシ交換完了
木製のガラス建具は以前から隙間風も多くて寒い思いをされていました。サッシの交換だけなら簡単なのですが、窓周りの柱と土台もシロアリの被害にあっていたので、ジャッキで持ち上げて交換いたしました。サッシはlぃぃ(リクシル)のペアガラスサッシを使用しています。隙間風も解決し、開け閉めもスムーズに行えるようになりました。工期は3日間。サッシの交換だけなら1日で完了します。

土曜日の現地調査ツアー

伊那市 アパートリノベーション
4月とは思えない暑い日になりました。本日は遠方の現地調査をまとめて実施しました。
まず1か所目は伊那市のアパート、リノベーション工事の現場です。現在内部水回りや外壁塗装工事中ですが、完了次第、当社で駐車場のリノベーションを行います。
本日は350キロほど移動しましたが、東京往復と変わらない距離です。長野県、広いですね。
アパート完成予想図
BEFORE
着手前アパート
おそらく建設後30年くらいでしょうか。
↓
AFTER
アパート完成予想図
こんな感じに仕上げます。床はスタンプコンクリート。2種類のパターンを使って仕上げます。がらっとイメージが変わります。
6年前のスタンプコンクリート
現地調査のついでに6年前に施工させていただいた物件に立ち寄りました。
シーラーは落ちてしまっていますが、良好な状態で使っていただいています。
本日施工した画像と書いてもわからないと思います。(笑)
当社の施工の良さと、スタンプコンクリートの品質を改めて確認いたしました。
野辺山ガレージ施工中
そして、中央道、清里を経て南牧村で行っているガレージ工事の基礎を確認。
佐久穂 塀のリノベーション
佐久穂町の塀をリノベーションする物件を確認しました。

寒いけどがんばってます!輸入木製ガレージ、 フィッシャーマンズガレージの基礎工事

IMG_1674
本日の野辺山、木製ガレージ工事は基礎工の掘削。
下界とは気温が10℃位低くなっています。軽井沢より、ここ野辺山・清里地区の方が寒いんじゃないでしょうか。
お陰でコンビニのホットコーヒーの美味しいこと。
割石作業
順調に掘削が終わるかと思いましたが、大きな石が沢山出てきました。撤去できるものは外に出しましたが、動かないほど大きな石は支障になる部分を割ります。これが手間がかかってしまうんです。
巨石
こんなに大きな石が沢山!

輸入木製ガレージ フィッシャーマンズガレージ 着工! 長野県南牧村

野辺山 フィッシャーマンズガレージ 伐採
長野県 南牧村の現場です。M様邸のフィッシャーマンズガレージ新築が始まりました。まずは建設地の伐採を行い、大まかな場所の確認です。’
伐採
専門資格を持つ伐採士が手際よく枝を落としています。
クレーンを使った伐採
幹や大ぶりの枝はクレーを使って吊るしながら地上に下します。
伐採した木の再資源化
伐採した樹も資源。細かく玉切りして薪に再利用いたします。薪にならない部分は粉砕してチップとして利用いたします。

小さな油圧ショベルを導入

コベルコ油圧ショベル納車
小さな油圧ショベルが納車になりました。KOBELCO SK20UR-6というタイプで重量は2トン。当社の所有する超小旋回機で最も小さな機種です。超小旋回機は狭い場所での作業が可能になる機能があり、民地での水道工事やお庭の工事に重宝いたします。旋回半径が小さいので建物や人に接触する可能性も低くなり、安全に施工できます。納入業者のロード商会 原社長と記念撮影。これからもお世話になります。
KOBELCO SK20UR-6
PAGE TOP