シンプルなフェンス工事

既存擁壁利用のフェンス工事
南側・東側にある既存擁壁にフェンスを設置
既存の擁壁幅が150㎜ある為、フェンスは柱を入れる際に
コア抜き(穴をあけ)作業をしてフェンスを施工しますが、
擁壁の幅や柱の大きさで無理にコア抜きをした時、10センチの擁壁に7センチの穴をあけた場合など
片側1.5 センチしか余裕が無いので施工中、もしくは施工後にクラックが発生する確率が
多くなってきます。
物理的には可能なサイズでもコンクリートに穴をあける事は強度が落ちたり
クラック(ヒビ割れ)の原因になる可能性があります。



d1841a7fddb8fa75a5c968db02fda475
既存擁壁 コア抜き
関連のスタッフブログを見る
PAGE TOP